FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
赤線と呼ばれる繁華街を真昼間にほっつき歩く 後編
福生 旧赤線
写真と文は関係ありません1

前回の続きです。
「大丈夫。大丈夫だからちょっとこっちに来てくれ」
突然見知らぬおじさんに手招きされ、
路地裏へと歩みを進める大仏。
近くで見るおじさんの鼻の穴からは、
ゴーン!っともの凄い勢いで、
鼻毛が飛び出ておりました。
『だ、大丈夫かぁ!?』





福生 赤線
写真と文は関係ありません2

主な登場人物
・鼻毛のおじさん
・70歳くらいのおじいさん
・大仏
・謎の男
・謎の女

「このじいさんが部屋の中に知らない男がいるって言うんだ。
 ちょっと兄ちゃんも見て確かめてくれないか」
「は、はぁ…」
言われるがまま窓から部屋の中を眺めてみると、
人の気配はなし。
「誰も居ないですねぇ」
「そうだろう?居ないんだよ。
 でもこのじいさんは居るって言うんだ。
 警察が来て確かめたんだけど、当然そんな奴は見つからなくてね」





福生 旧赤線
写真と文は関係ありません3

するとおじさんよりも更に鼻毛ゴーン!なおじいさんが…
「居るじゃろう!ほらあそこ!こんどは女がいる!」
「じいさん!どこに居るんだよ!?」
「見えんのか!?二人ともおかしいんじゃないのか!?」
「居ないったら居ないんだよ!」
「居るぅ!!」
「居ないぃ!」
「居るぅ!!!」

「……あの…僕はそろそろこの辺で…」
「ああ。突然呼び出したりして悪かったな」





福生 旧赤線

いや、でも、
本当はおじいさんが言っていたことが正しくて、
僕らが間違っていたのではなかろうか。
純粋な心を持つ者にしか見えない、
そんな生き物がいたのかも…
なんて適当なことを思いながら、
再び散歩再開!
(長い前フリでごめんなさい)




福生 旧赤線

こちらはホテル徳川特集のときに発見した謎の鳥居。
以前は結構荒れた感じだったのですが、
心ある方が清掃してくださったのでしょうか。
とってもさっぱりしておりました(感謝!)。





福生 旧赤線
〜さわさか〜

さっぱり繋がりで。
近くにあったコインランドリー。





福生 旧赤線

中に入るとスナックな香り漂う、
シャレオツな椅子が部屋の中央にぽつんと。
この配置センスは、
なかなかのものだと思います(なぜか上から目線)。





福生 旧赤線
NO SMOKING

外国人の方が数多く利用されていることが予想される、
必要最低限な横文字。





福生 旧赤線

古い建物が数多く残るこの一帯は、
映画やドラマ、雑誌の撮影にも頻繁に登場しております。





福生 旧赤線

少し遠いところだと、
豊川悦司さん真木蔵人さんが出演されていた、
阪本順治監督作品『傷だらけの天使』。
※阪本順治監督は吉永小百合さん、柴田恭平さん、森山未來さんなどが出演、
映画『北のカナリアたち』でも福生ロケをしております。
福生ロケーションサービス





福生 旧赤線

また旬な情報ですと、
WOWOWで現在放送されてるドラマ、
ヒトリシズカ』で赤線が撮影に使われているそうです。
(フェイスブックでいただいた情報より)





福生 旧赤線

昭和な街並みを歩いていたら、
なんだか昭和な髪型にしたい衝動に駆られ…





福生 旧赤線

入店してみました。





福生 旧赤線

が、誰もおらず。
声をかけても誰も来ず。
雑誌を読んだり、





福生 旧赤線

城や、





福生 旧赤線

飛雄馬を眺めながら、
しばし待機させていただきました。





福生 旧赤線

待つこと数分。ご主人登場。
「いや〜すみません。
 今日はこれから大事な用事がありまして、
 店を閉めるんですよ」
「うぅ。そうなんですね。
 僕、福生のお店なんかを紹介するブログをやっているのですが、
 お写真撮らせてもらってもいいですか?」
「どーぞどーぞ構いませんよ」





福生 旧赤線
いろんな物語詰まってる

「ありがとうございます!
 お店をはじめてどのくらい経つんですか?」
「私の代で40年。おやじの代からだと70年くらいになるかなぁ」
「やっぱりそれだけの歴史があるんですねぇ」
「でももう時期お店閉めるんですよ。
 今日はこれからその話をしに行くんです」
「そ、そうなんですか…こんな歴史ある佇まい…
 なんだか勿体ないですね」
まだ決定かどーかはわかりませんが、
もうすぐなくなってしまうかもしれないウチダ理容所さん。
意外な組み合わせでありますが、
EXILEのどなたかも映画の撮影でここを訪れたそうです。





福生 旧赤線

「うーむ。飲み屋さんはまだやってないし、
 そろそろ帰るかなぁ」
なんて思いながら歩いていると、





福生 旧赤線

光輝くタイレストランを発見!





福生 旧赤線
この距離がやけに長い!

「一見さんでも大丈夫なのかなぁ」





福生 旧赤線

行けばわかるさ!ありがとう!精神で、
とりあえず入店。





福生 旧赤線

結果、全然大丈夫でした(プハー)。





福生 旧赤線
定休日はだいたい月曜日

タイの家庭料理とカラオケなお店『ウィアンカム』。
営業時間は朝5時から夜22時までという、
この辺のリズムに合わせた仕様となっております。





福生 旧赤線
中華もあるよ!

お料理は品数豊富です。





福生 旧赤線

左が水割り、右がボトルの値段なんですが、
お酒の相場ってこんな感じなのでしょうか?
「なんだか水割りがやけに安い気がするんですが…?」
「うちは安いほうだと思いますよ」
「で、ですよね」





福生 旧赤線
西日が眩しい

「オニイサン。ダイジュブ?」
「大丈夫です」
柿ピーをつまみながら、
フィリピン人と思われるお姉さま方の歌を聞き、
ビールを飲んだ32の昼。
なぜだかわかりませんが盗んだバイクで走り出したい、
そんな気持ちになりました。





福生 旧赤線

やっぱりこの辺は夜ですかね…

赤線と呼ばれていた繁華街(スナック街)関連リンク
福生スタイルインタビュー 「ミツコ感覚」監督 山内ケンジさん
福生スタイルインタビュー 「ア・ソング・フォー・ユー」脚本家 鈴木聡さん
福生グラフィティ #2 若菜 貞雄さん (ピート) 神戸ステーキハウス
お花屋さん Prim Rose
お肉屋さん ますや
ピザハウス カプリ
ディスコ EDDIE’S
ライブハウス チキンシャック
居酒屋 AZITO
タイ料理 JEANS
ラーメン 鶏豚
ステーキ さんちゃん
タイ食材 パクナムストア
ホテル ニューアサヒ(現在はありません)
スナック YUMI

人気ブログランキング皆さんのクリックが励みになっております。
←よろしければクリックお願いします。
(1日1クリック有効) 
バナーは岩井澤健治さん作。感謝です!

今日もありがとうございました。

緑の大仏

スポンサードリンク
| 福生散歩 | 13:36 | comments(2) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
赤線と呼ばれる繁華街を真昼間にほっつき歩く 前編
福生 旧赤線
JR青梅線福生駅東口

鳩ポッポーな昼下がり。
特に目的も持たずに福生駅に降り立った大仏。
「うーむ。今日はどこ行こうかな…」





福生 旧赤線

とりあえず入った駅前ドトールでの脳内会議の結果、
今回は昔から福生近辺に住んでいる方から、
『赤線』と呼ばれる繁華街を、
ただただほっつき歩くことにしました。
ちなみに理由は「福生駅から近いから!」です(汗)。

※赤線とは…
話すと長くなってしまいそうなので、
詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。
現在はもちろん廃止になっております。





福生 旧赤線
いつも出来上がった状態で入店するため、
いまだにブログでご紹介出来ていない名店マイマイズ。


まっすぐに伸びる富士見通り。
その入り口にはOverTheDogsの恒吉豊さんも、
好きで通っているというバー『マイマイズ』があります。
◆福生市の公式ポータルサイト
『福生スタイル』の人コーナーが更新されているョ!
第4回インタビューゲスト 福生出身OverTheDogsのみなさん





福生 旧赤線

ひときわ目立つ、
ど派手なお店を通りすぎると、





福生 旧赤線
リリー・フランキー作の壁画

知ってる人はみんな知ってる!
トヨタプリウスで行きたい、
「日本のユニークなスポット100」にも選ばれた、
リリー・フランキー氏が描いた巨大壁画があります。
聖 愛 福 夢 宝 寿…
福生をイメージした文字でしょうか。
それともまったく関係ないものでしょうか。
ちなみに現在は物置で隠れちゃってるこの壁画の全貌は、
映画『レディースMAX』で拝むことができます。
また壁画を描いたときのエピソードは、
リリー・フランキー著『美女と野球』に載ってます。





福生 旧赤線

どっからどこまでが『赤線』と呼ばれていたのかわかりませんが、
おそらくここはそこであろう、
スナックやなんやかんやがたくさんある通り。
制限速度30の上に見える『EDDIE′S』は、
ビビる大木さんが、
『頼むからデートしてくれよ〜!』と土下座した思い出の場所だそうです。
◆はじめまして こんばんみ ブログ。
ビビる大木オフィシャルブログの中の福生





福生 旧赤線

こちらはあのギターウルフもライブしていた、
伝説のバー『RED BIRD』の跡地に出来た『Red Cave』。

RED BIRDで調べていたら、
大変貴重なお写真を発見しました。
(勝手にリンク!ごめんなさい!)
◆EDDIE LEGEND STORY 福生RED BIRD
http://ameblo.jp/eddie-legend/entry-11185250557.html
リンク先に登場するDADDY-O NOVさんのお宅訪問の記事はコチラ





福生 旧赤線
『成り上がり』読みましたか?

Red Caveの向かいに描かれていた矢沢さん。
オーナーさんがファンなのでしょうか。
それとも矢沢さんゆかりの…
いつの日か突撃してみたいと思います。





福生 旧赤線
正面よりも横からのアングルが凄いよ!

麻雀ちんいつさんやロンリーさんが入っている建物。
葉っぱでぴっちり覆われた感じが、
なかなかの味わいでございました。
(気になるお店が惑星規模)





福生 旧赤線

激渋な、





福生 旧赤線

『ホテル オーフジ・』
つのだ☆ひろよろしくな『・』がポイントですね。





福生 旧赤線
上の写真と下の文は関係ありません

調子にのってカシャカシャ写真を撮っていたら、
「兄ちゃん。ちょっと。ちょっとこっち来て」
路地裏に佇む、
見知らぬごついおじさんに手招きされました。
その後ろには70歳くらいのおじいちゃんがスタンバイ。
「え!?あ、あのーご用件は?」
ちゅうちょする大仏に、
「大丈夫だから。とりあえずこっち来て」
と促す、ごついおじさん。
「は、はい…」
なんだかヤバい展開になってきたZ…
詳細は後半戦に続く!(生きてたら)



人気ブログランキング皆さんのクリックが励みになっております。
←よろしければクリックお願いします。
(1日1クリック有効) 
バナーは岩井澤健治さん作。感謝です!

今日もありがとうございました。

緑の大仏

スポンサードリンク
| 福生散歩 | 23:41 | comments(2) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
福生巡拝 その2 清岩院 福生院 南稲荷神社 などなど
福生巡拝

長徳寺のあとはえっさほいさっとペダルをこいで、
東京の名湧水57選に選ばれている、
清岩院にやってきました。





福生巡拝

こちらがその湧水でしょうか。
こんな写真では伝わらないと思われますが、
生で見ると確かに透明度大であります。





福生巡拝

すこぶる元気な鯉の向こうに見えるのが清岩院本堂。
扉が閉まっていたので、
「今日はお休みかな?」
なんつってキョロキョロしていたら、
偶然通りかかったご住職。
「うちはいつでもフリーですよ」
「フ、フリーですか!?」
「はい。フリーです」
ご住職から突如発せられた横文字『フリー』。
もしかしたらそれは人間の真理に迫る、
なにかヒント的な役割を果たしているのではないだろうか?
清岩院
市内で最古の紀年銘をもつ
元禄12年(1699)銘庚申塔(市指定文化財)が
門前で見られるほか力石、車地蔵などの石造物が見られます。





福生巡拝

そんな見当違いなことを真剣に考えながらやってきた、
福生院





福生巡拝

ここでも運良くご住職さんとお話する機会に巡り合えました。
「うーむ。ふっさいん!
 歴史がありそうな建物ですねぇ!」
「よくみなさまお間違いになるのですが、
 福生院と書いて“ふくしょういん”と読みます」
「うっ…失礼しました」
「いえいえ(笑)」





福生巡拝

「マップを見ながら来たのですが、
 これはどこにあるんですか?」
「あ、こちらです」
福生市内で2番目に古い嘉元4年(1306)銘板碑。
(市指定文化財)





福生巡拝

徳川幕府の旗本、長塩氏の墓。
(市指定文化財)





福生巡拝

「この辺りでは珍しい鯖大師です」
「おお!さば!」
「奥多摩新四国八十八ヶ所の番外にも選ばれております」
「おお!寿司ネタでは、
 しめさば&えんがわが僕の中でツートップであります!」
「は、はぁ…」
福生院
室町時代に創建された寺院です。
市指定史跡の長塩氏の墓があります。
長塩氏は徳川幕府の旗本で、
熊川村の鍋ヶ谷戸地区を知行していました。
また、市内で2番目に古い嘉元4年(1306)銘板碑(市指定文化財)や
文政3年(1820)に造立された庚申塔などの石造物も見られます。





福生巡拝

ところ変わって伝 地頭井戸
さきほどの長塩氏が、
水不足に悩む領民のために井戸を掘り与えたとされる井戸です。
伝 地頭井戸
江戸時代に徳川幕府の旗本(地頭)長塩氏が、
水不足に悩む領民のために井戸を掘り与えたと伝えられる
伝承を持ち、昭和30年代まで地域の共同井戸として使われていました。
この井戸は地頭と村民との支配体制や当時の社会構造を知るうえで
貴重な資料です。





福生巡拝

井戸の底に写るバカ。





福生巡拝

大きいケヤキとは対照的に、
小さい鳥居がいい感じな南稲荷神社





福生巡拝

残念ながらこの日参拝することが出来なかった、
真福寺
真福寺
市指定史跡田沢氏の墓があります。
田沢氏は甲斐の武田氏の家臣でしたが、
武田氏滅亡後の天正10年(1582)、徳川氏に仕え、
熊川村の内出地区を知行しました。





福生巡拝

江戸時代に創建された千手院
千手院
江戸時代に創建された寺院です。
市指定文化財の宝永2年(1705)銘庚申塔が牛浜墓地内にあります。
また、境内にある萬霊塔などの石造物も見られます。





福生巡拝

最後に訪れた熊川神社





福生巡拝

こちらの本殿は東京都指定有形文化財です。
もっと近くによって写真を撮りたかったのですが…
なにやらお忙しそうだったのでこの距離から。







福生巡拝

延命長寿の神、寿老人。
奥にあるご神木がかっこええです。
熊川神社
熊川神社は、古くから礼拝大明神と呼ばれた熊川村の鎮守でした。
一間社流れ見世棚造り、目板打流し板葺と呼ばれる構造の形式を持つ本殿は、
安土桃山時代の形式と技法を残しています。
神社には慶長2年(1597)の棟札があり、
この当時の造営と考えられ、市内最古の木造建築物で
都指定文化財に指定されています。
また、江戸時代から大正期にかけて造立された
手水鉢や石灯籠などの石造物も見られます。






福生巡拝

熊川神社の前に昔っからあるワシズ菓子店。
懐かしさからきた感動か、
目に涙を浮かべながら入店(こわい)。




福生巡拝

夏の定番ガリガリ君とヤッター!めん。
どちらも当たり付きなのですが、
気分爽快な感じでどちらも外れました。
(神様に頼ってばっかじゃ駄目みたい)




福生巡拝

「うわぁーん!!!」
号泣しながら駆け込んだ福生中央図書館(涼むために)。





福生巡拝

今回の散歩(サイクリング)は、
おそらく福生市役所なんかでもらえると思われる、
福生市観光ガイドマップ片手にまわらせていただきました。
(引用の文章はすべてここからどす)




福生巡拝

ずばっと広げると見どころの説明文や写真、
また裏面には福生全域のマップが載ってます。
はじめての福生でちょっぴり不安。
福生には良く行くけど渋い感じの名所はまだ手つかず。
そんな方はぜひともこのマップをどこかでゲットして、
(毎度適当ですみません。ちなみに僕はココでゲットしました)
福生観光をしてみてはいかがでしょう。
なかなかどうして、結構楽しいですよ。





福生巡拝

福生の歴史をもっと知りたい!
そんな方には福生中央図書館で入手できる、
こちらの2冊がオススメです!(まだ読んでませんが)
おそらく何年後かに開催されるであろう、
福生検定に備えて!
みんなでガリ勉いたしましょう!


ヤッター!ヤッター!ヤッターヨー!
人気ブログランキングで福生は何位?
↑おかげ様でポイントアップ。
引き続き応援よろしくお願い致します。


スポンサードリンク
| 福生散歩 | 23:08 | comments(2) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.