FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
赤提灯がいい具合

創業40年ちょい。
福生の老舗とんかつ屋『しょうちゃん』に行ってきました。
場所は福生駅から程近い、
赤線と呼ばれる繁華街の路地を入ったところにあります。





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
店内にも提灯があるぞ

座席はカウンターと、
撮影後に来店された少年(お母さんと一緒)が、
瓶に入ったコカコーラをゴクゴクしていた小上がりがあります。





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
ステーキが後ほど『へ〜!』なお話に展開

メニューはこんな感じ。
どれも美味しそうで…
眉を八の字にして迷いましたが、
この日はちょっと奮発して、
特上ロースカツ(単品)と瓶ビールを注文。

単品は定食の価格からマイナス200円なので、
お腹が空いているようなら断然定食がオススメデス!





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
ひも付き蛍光灯

ご飯はカウンターの端っこに鎮座している、
こだわりのガス釜で炊いているそう。
そんでもってカツのパン粉は、
お客さんからのオーダーを受けてから、
写真左下(カレンダー付近!)に写っている、





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

3〜4日寝かせて水分を飛ばした
こちらのイギリスパンを、





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
耳はヤバいよボディボディ

丁寧に耳を切り落として、





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
とっても真剣です

サクサク感を出すために、
改良に改良を重ねたしょうちゃん特製パン粉製造機で、
(手でちぎったような荒いパン粉を再現)
『ガガガガガっ』とやった、
新鮮なパン粉を使用しているそうです。
(作り置きするとパン粉がつぶれてしまうんだ)




とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
どーーーーんっ

お肉は国内産の厳選された豚肉を使用。
揚げ具合は長年の経験で培われた、
プロの目と耳で判断。
(油はラードだっ!)





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
キラリと光まくる職人技

ゆえにご覧のようなほんのりピンク。
でもちゃ〜んと火が通っている、
超絶妙な揚げ具合に。
(う、ま、そ、う!!!)





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

ソースは、
じかにかけても良し。





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

小皿に入れて、
サクサクを心行くまで堪能するも良し。
お好みのスタイルでどうぞ。





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
では、そろそろいただきマンモス

サクサクでジューシーになるために、
あらゆるこだわり、
工程を経て完成したロースカツ
言わずもがな「美味しい」です。





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

先走りでお伝えしたフェイスブックページ、
福生いいね!』へいただいた高梨さんのコメントのように、
「メイン待つまでビールにポテサラ☆冷めても美味いカツサンド〜♪」
この流れも非常になめらかですんばらしいですね。
次回はマネさせていただきます!!!





とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

なにか作業してる風のお写真を撮らせてほしい、
なんて失礼なお願いにも快く応じてくださったご主人。

緑の大仏
「食事中ずっと電話のオーダーが入っていましたが、
 あれはカツサンドの注文ですか?」

ご主人
「そうです。カツサンドはうちの目玉で結構出るんですよね。
 出前はやっていないんですが、
 みなさん電話でオーダー内容と時間を伝えて、
 取りに来てくれるんですよ」

そこへタイミングよくお客さん登場
「さきほど注文した○○です」
ご主人
「はい。カツサンド3つですね」

お客さん
「ありがとう!」
緑の大仏
「よく注文されるんですか?」

お客さん
「ええ。ここのカツサンドは冷めても美味しいのよ!」
緑の大仏
「ほうほう」






とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO
シロクニジュウシ

緑の大仏
「ご主人は福生出身なんですか?」

ご主人
「葛飾区出身なんですが、
 福生に来て40年、50年になります」

緑の大仏
「ずっとこのお店で?」

ご主人
「もともとはステーキ『さんちゃん』にいたんです。
 そこで4、5年修行して今のお店をはじめたんですよ」

緑の大仏
「おおー!!さんちゃんとしょうちゃんは繋がっていたんですね!」






とんかつ しょうちゃん 東京都福生市 FUSSA TOKYO

福生で愛され続けるとんかつの名店『しょうちゃん』。
極上のとんかつと味のある空間。
そしてご主人のお人柄。
次回はポテトサラダとお土産にも喜ばれる特製カツサンドも、
忘れずにオーダーしたいと思います。

【お店】しょうちゃん
【住所】福生市福生876
【電話】042-552-4624
【営業時間】18:00〜翌6:00頃
【定休日】日曜日



今日もありがとうございました!
緑の大仏

スポンサードリンク
| 和食 | 01:12 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
鮮菜厨房まきの 釜めし 東京都福生市 隠れ家
鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

小さな路地を入った住宅街の中にある、
福生の隠れ家的お店、
『鮮菜厨房まきの』に行ってきました。
ここは釜めしが評判のお店でして、
ネットで調べてみると、
「開店20分前には人が並んでいた」
なんて書かれている人気店です。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

というわけで、
開店40分前にお店前で待機する大仏(早過ぎ)。

青空や店先の植物たちを眺めながら待っていると、
中から車を移動するために現れたご主人登場。
「今日はそんなに予約が入っていないですし、
 (こんなに早くから並ばなくても)大丈夫ですよ。
 どこかその辺をプラプラして来てください」






鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

で、お言葉に甘えてその辺をプラプラの図。
この辺は小学校時代の同級生がたくさん住んでおり、
当時、看板の少年のような短パンスタイルでよく駆け回った場所なので、
プラプラすると当時の思い出がたっぷり甦ってきます。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

「ヨコジに井上、元気にしてるかなぁ」
歩道橋の上で黄昏大仏(遠い目)。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

開店時間のちょっと前にお店に戻ると、
駐車場の車内で開店を待つお客さんの姿が。
(写真には写っておりませんが左手に一台)
やっぱり人気店なんですねぇ。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

開店と同時にいざ入店。
他のお客さんがいらっしゃる前に店内写真を!
と思って急いで撮影したうちの一枚。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

このあとこちらの座席は、
予約していた方などですぐにいっぱいになりました。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

ちなみにぶら下がっている三本の棒は、
備長炭かなにかを和柄の生地で巻きつけたオサレ棒です。
「どうりで空気がうまいわけだ!」





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

メニューは釜めしのセットのほかに、





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

一品料理や各種ご膳、
宴会コースもございます。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

そんな中、この日注文したのは、
季節の釜めし(この日は牡蠣)とフライ盛り合わせのセット。¥1260





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

ぱかっと蓋をあけると、
立ち昇る湯気とともに、
釜めしのいい〜香りが!
炊きたてのホカホカであります。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

プリっプリっの牡蠣にお野菜。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

フライの盛り合わせも、
サクっサクっで美味しかったです!





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

デザートは抹茶のムースとリンゴのシャーベットから選べました。
ぺろり。





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

地元の方はもとより、
遠方からのお客さんも多い『鮮菜厨房まきの』。
人気の隠れ家ですので、
あらかじめ予約してから行ったほうが安心です。

【お店】鮮菜厨房まきの
【住所】東京都福生市牛浜35-2
【電話】042−553-2515
【営業時間】11:30〜14:30 18:00〜21:30
【定休日】月曜日全体(祭日の場合は営業、火曜日振替休み)
火・水・木曜日の夜営業は休み
(8〜10名様ぐらいからのご宴会はお受けしています)





鮮菜厨房まきの 釜飯 福生市

おまけ。
釜めしの釜ってなんだかグッときますねぇ。




今日もありがとうございました。
緑の大仏

スポンサードリンク
| 和食 | 12:50 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
B.W.O.さんの畑 その2
現在は世田谷に移転しました!





B.W.O.畑

B.W.O.さんのひいお婆さん(ワキさん)が、
うどんをこねたりするときに使用していた桶。
そこに敷き詰められた、
カッチンッコッチンの氷も、
ご覧の有様なビニールハウスでおっぱじまった、
煙モクモクジージー焼き。
(ただいまの温度38℃湿度55%)
前回の様子





B.W.O.畑

まずはトクトク…ビールで乾杯っ!
「これでさ、一酸化炭素中毒で死にそうになるって“ネタ”でさ、
 やったら楽しいんじゃない?」





B.W.O.畑

そんなことを言いながら、
長ねぎをボキボキ素手で折って網に載せる男前B.W.O.さん。





B.W.O.畑

「あ、あのぉ…念のために確認しておきたいんですが…
 ここって換気的な何かはあるんですかね?」





B.W.O.畑

「ああ。おそらく上の小窓が空いてるから、
 死にはしないと思うよ!」
「おそらく!?」





B.W.O.畑

「うん。ここさぁ、前にブログでも書いたけど、
 冬でも常夏(40℃)だからさ。
 水着のお姉ちゃん呼んでバーベキューとかやろうよ!」
「そ、そうっすね…」





B.W.O.畑

「あれ?なんか火が弱くない?
 こりゃ肉が焼ける前に死んじゃうかもしれないぞ!がははは!!!」





B.W.O.畑

『グオオオオオ〜!!!』





B.W.O.畑

「おっいい感じいい感じ」
ぱちぱち音をたてながら火力を増す炭と、





B.W.O.畑

この写真ではごくごく微量ですが…
モクモク舞う白い煙(大量)。
はじめはこんな“ネタ”を用意していただき、
有難いなぁと思っていたのでありますが、
青いお空と白い雲を眺めながら、
若干、というかマジで心配になってまいりました。。





B.W.O.畑

「きゅうり食べる?」
「へ??ええ。ありがとうございます」





B.W.O.畑

「もぎたてはうまいよ!」





B.W.O.畑

虫さんも喜んで寄ってくる、
無農薬の男前きゅうり。
スーパーなどで見かけるものとは違い、
トゲトゲでとっても逞しかったです。





B.W.O.畑

ポキッと折るとこんな感じ。
味噌かなんかを付けて食べたら最高でしょうねぇ。





B.W.O.畑

「ほうれん草も食べる?
 サンチュみたいにお肉に巻いてさ」





B.W.O.畑

そんなこんなで、
ほうれん草deお肉。





B.W.O.畑

こちらはカブの葉っぱdeお肉(苦味があってうま〜)。
「B.W.O.さん、本当にありがとうございます!
 たださっきからワキさんの油絵と、
 “おらは死んじまっただぁ”のメロディが、
 頭の中で浮かんでは消え、浮かんでは消えしているのですが…」
「確かに。ちょっとクラクラしてきたねぇ」
それはお酒のせいだろう!
というご意見もあるとは思うのですが、





B.W.O.畑

アスパラを取りに向かったB.W.O.さんに続いて、
お外に出てみると、
空気がうまいことうまいことっ!(脳みそ復活!)
おそらくあと数分あそこにいたら…







B.W.O.畑

ということで、
続きの焼きはお外でぱちぱちすることに。
「いや〜外は気持ちいいねぇ。
 もしビニールハウスの中で倒れていたら、
 “あとはよろしく!”って父親に伝えておいたんだけど、
 本当にそうなるところだったね!ぐははは!!!」





B.W.O.畑

プルプル震える指先を、
必死に抑えていただいた焼きマヨアスパラ。





B.W.O.畑

網で数秒焦がして頂くと、
これまた…!!!





B.W.O.畑

〆に頂いたのは、
お母様が漬けてくださったお漬物と、





B.W.O.畑

タマネギ(やはりもぎたて)。





B.W.O.畑

じっくり焼いたら、





B.W.O.畑

表面の皮だけツルッと剥いてマヨ、
のちにまるかじり。
「ぷは〜こりゃあ〜堪らんです!」





B.W.O.畑

なんとな〜く、
畑におじゃましたい!





B.W.O.畑

そんな軽いノリでお願いしたにも関わらず、





B.W.O.畑

あれこれ用意してくださった、
サービス精神超旺盛なB.W.O.さん、
生きることの喜びと素晴らしさを、
本気で教えてくれたB.W.O.さん、
どうもありがとうございました!
※写真の「行かないでぇ〜」と行く手を阻んでいるのは、
B.W.O.さんのブログにも度々登場する愛犬『リュウ』。






B.W.O.畑

今回ご紹介させてもらったお野菜たちは、
インディアン、嘘つかない」でお馴染みの、
福しまシェフにより調理され、
スペシャルな形で提供されております。

『うまい食事で一杯やりたい』
そんなときは福生・銀座通り沿いにある、
福しま』へゴーしてみてはいかがでしょう?
(こっそり一品料理もはじまったみたいですよ〜)


どうもありがとうございます!人気ブログランキング。
←おかげさまで上昇中です!


どうもありがとうございました。

スポンサードリンク
| 和食 | 10:34 | comments(2) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.