FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
東横イン福生駅 東京都福生市 宿泊 ホテル
東横イン福生駅前東口

「福生を隅々まで堪能したい!」
「連チャンで七夕まつり、横田基地友好祭を楽しみたい!」

そんな方にもってこいのホテル、
東横イン福生駅前東口店でお泊りをしてきました。





東横イン福生駅前東口

こちらは僕らを案内してくださった福、
いや副支配人の崔さん。
お客様からの声をもとに、
日々サービス向上に努めていらっしゃるそうです。





東横イン福生駅前東口

サービスカウンターには、
福生のお店のパンフレット、
また日本の観光ガイドなどがありました。
土地柄多くの外国人が利用する東横イン福生駅前東口店。
英語や中国語、韓国語で書かれたパンフレットは特に人気で、
補充、また補充の日々だとか。
新聞は各種メジャーなところと、
横田基地の新聞「STARS & STRIPES(スターズ&ストライプス)」
なども取り揃えられておりましたよ。





東横イン福生駅前東口

一階にあるパソコン&プリンタは常時使用できます。
ビジネスでの活用のほか、
福生・多摩のことをあれこれ調べたいときにも、
非常に便利であります。
なおWi-Fiは全客室で利用可能だそうです。





東横イン福生駅前東口

お部屋に行く前に引き続き一階ロビースペースを。
朝食はこちらでいただきマンモスです。





東横イン福生駅前東口

時間帯はこんな感じ。
ほかの東横インさんでは朝食のスタートは7時から、
というのが普通なのですが福生店では、
早朝6時30分からいただけマンモスです。





東横イン福生駅前東口

コーヒーもいただけマンモスです。
(しつこいですね。。ごめんなさい)





東横イン福生駅前東口

部屋着はロビーに用意されています。
有料チャンネルと合わせまして、
忘れずにお持ちくださいませ〜。





東横イン福生駅前東口

エレベーターの利用はカードをタッチ&ゴーするシステム。
セキュリティがしっかりしております。





東横イン福生駅前東口

『チーン♪』
廊下には折り目キッチリを保つための、
『ズボンプレッサー』を完備。
※アイロンの貸し出しもあります。





東横イン福生駅前東口

最上階の角部屋。
デラックスツインを見せてもらいました。





東横イン福生駅前東口

さすがはデラックス。
何回寝返りをしても安心であります。





東横イン福生駅前東口

『ぱかぱか』
収納も大安心。





東横イン福生駅前東口

ベッドに高さがあるので、
こんなところにもあれこれ収納可能です。





東横イン福生駅前東口

テレビはほかの部屋よりも若干大きめ。





東横イン福生駅前東口

机の上にある冊子の中には、
心伝わる手書き仕様、
ホテル周辺のお食事処ガイドが入ってます。




東横イン福生駅前東口

横田基地側の眺めはこんな塩梅。
うまいこと撮影出来ませんでしたが、
赤線と呼ばれる繁華街や、
奥のほうにはYOKOTAな景色も。





東横イン福生駅前東口

山側はこんなです。
「多摩の山並み緑が生える〜♪緑にはえて〜♪」
(mama*chanさん情報ありがとうございました!)
とは僕の母校『福生第七小学校』の校歌なのですが(たしか)、
福生はアメリカっぽい部分と、
山々に囲まれた自然たっぷりな部分、
両方楽しめる街であります。





東横イン福生駅前東口

天気が良ければ富士山もクッキリ見えますよ〜。





東横イン福生駅前東口

続いて違うお部屋へ。
この写真を見てなにかお気づきになるでしょうか?
そうです。
扉が廊下側に開いております。





東横イン福生駅前東口

こちらはハートフルルームと呼ばれる、
車いすをご使用の方が、
快適にお泊りいただけるような作りになっているお部屋です。





東横イン福生駅前東口

「東横INNでは一人でも多くのお客様に、
 できるかぎり公平かつ快適に、
 ご利用いただけるホテルづくりに取り組んでおります」





東横イン福生駅前東口

「はぁ〜♪快適快適♪」





東横イン福生駅前東口

「おやすみマンモス」
秒速で寝に入る金の大仏。
このあと叩き起こして夜の街に繰り出しました。
そして翌朝山登りをしました。
その模様はまた後日…





東横イン福生駅前東口

「福が生まれる街。福生へようこそ。
 明るい笑顔、きれいなお部屋、あたたかい朝食をご用意して、
 皆様のお越しをお待ちしております」
撮影にご協力くださった従業員のみなさま、
あれこれどうもありがとうございました!!!





東横イン福生駅前東口

日帰りでもいいですが、
朝昼晩と楽しみがある街、福生。
お泊りコースもおすすめですよ。

東横イン福生駅前東口さんの設備やサービス、
お得なプランなどは公式のホームページに詳しく掲載されております。
西多摩にお越しの際はぜひともフル活用してくださいませ〜。

【お店】『東横イン福生駅前東口』
【住所】東京都福生市東町4-1
【電話】042-553-1045
【HP】http://www.toyoko-inn.com/hotel/00231/index.html
【アクセス】
・電車の場合
JR青梅線「福生駅」東口より徒歩0分
・車の場合
中央自動車道「八王子IC」より車で約19分
圏央道「日の出IC」より車で約10分
【地図】

大きな地図で見る


人気ブログランキング皆さんのクリックが励みになっております。
←よろしければクリックお願いします。
(1日1クリック有効) 
バナーは岩井澤健治さん作。感謝です!

今日もありがとうございました。
緑の大仏

スポンサードリンク
| 福生・ホテル/旅館 | 13:17 | comments(2) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
ホテルニューアサヒ HOTEL NEW ASAHI 東京都福生市
ホテルニューアサヒ

JR青梅線、福生駅から徒歩1分。
レトロな佇まいがかっこよすぎる、
ホテルニューアサヒでお泊りしてきました。





ホテルニューアサヒ

「い、い、いいんだな…
 こ、これが、いいんだな」
怪しまれないようにさりげなく、
外観をぱしゃぱしゃ撮りまくっていると、
通行人の方から、
『何やってんだ!?あいつ!』というような顔で、
思いっきし怪しまれました。
これ以上は危険っぽいので中に入りましょう。





ホテルニューアサヒ

「あ、あ、あのぉ〜、
 ぼかぁ〜趣味で福生のお店なんかを紹介する、
 ブログってやつをやってるんだな」
挙動不審な宿泊客(裸の大将風)にも、
親切丁寧な接客をして下さった町田さん。
(お忙しいところ感謝です!)

僕「ホ、ホ、ホテルの写真を撮らせてほしいんだな」
町「あ、はい。どうぞどうぞ」
僕「こ、ここのホテルはどのくらい前からあるのかな?」
町「今年でちょうど創業40年になるんですよ」
僕「そ、それは凄いんだな」





ホテルニューアサヒ

あれこれお話を伺っている最中もひっきりになしに訪れる宿泊客。
そのたびに話を一時ストップし、
勝手に休憩所として利用させていただいたロビーのソファー。
革張りでふっかふっかです。





ホテルニューアサヒ

創業当時からほとんど変わらずなアサヒ。
壁もじゅうたんも、
トイレまでもがかっこよすっ!





ホテルニューアサヒ

食事は二階のレストラン『リラックス』で。





ホテルニューアサヒ

じゃ〜ん。
こちらが今回お泊りしたシングルルーム。
散らかす前に撮りました。





ホテルニューアサヒ

SEIKOの時計(目覚まし付き)と、
ラジオが装備されているナイトスタンド。
スイッチを入れてみたらYOKOTAから発信されている、
アメリカンなラジオ(AFN)が流れてきました。
う〜ん、福生ならでは、にくい演出ですね。
(前に泊った人が聞いていただけか…)





ホテルニューアサヒ

「アロ〜ワタシフッサニイルデスネ」
思わず片言な日本語を喋りたくなっちゃう不思議なルームキー。





ホテルニューアサヒ

逆サイドはこんな感じに扉がふたつ。





ホテルニューアサヒ

ひとつは人が5人は入れるであろう、
広々クローゼット。





ホテルニューアサヒ

もうひとつは石鹸、シャンプー、タオルにドライヤー、
いろいろ完備なユニットバス。
蛇口がとってもオサレです。





ホテルニューアサヒ

すこぶるレトロな空間ですが、
全室インターネットに対応してます。
(光なのでサクサク快適)

この日繁華街にあるらしい、
立ち食いハンバーガー屋さんにおじゃまして、
その日のうちにブログをアップしちゃおう!
なんて目論んでいたのですが、
結局見つけることができませんでした。。
ご存知の方!ぜひぜひ情報お寄せ下さい!(涙)





ホテルニューアサヒ

というわけで、
特にやることもなく21時30分に就寝です。
「おやすみなさい!」






ホテルニューアサヒ

そして朝8時ちょうどに起床です。
「おはようございます!」





ホテルニューアサヒ

寝惚け眼、寝癖のまんま『リラックス』へ〜。





ホテルニューアサヒ

むにゃむにゃ。





ホテルニューアサヒ

ドーーーーン!!!
広々とした店内の、
テレビが一番よく見えるポジションに用意されていた、
一人分の朝食。
(時間は7時か8時選べます)

「おはようございます。
 どうぞごゆっくり召し上がってくださいね」
そう言い残し『リラックス』を後にする従業員さん。
きっとワンツーマンじゃ食べづらいだろう、
と気を使ってくれたのでしょう。





ホテルニューアサヒ

旅先で触れた優しさに涙を流しながら、
むしゃむしゃ食べた朝食(和食か洋食選べます)。
「の、残ったごはんは、
 お、おむすびに、
 し、してほしいんだな」





ホテルニューアサヒ

「同じようなつくりの同じようなホテルが多い中で、
 それでもこのような風景を楽しんでいただけるお客様を、
 大事にしていきたいと思いますね」
そう話して下さった町田さん(招き猫横)。
趣あるホテルでゆっくりしたい。
そんなときはホテルニューアサヒへ。
福生観光にもってこいのホテルです。





ホテルニューアサヒ

【お店】『ホテルニューアサヒ』
【住所】東京都福生市福生885
【電話】 042-551-4441
【チェックイン】16:00〜
【チェックアウト】10:00
【宿泊料金】シングル ¥5000 ツイン ¥9.000 ダブル ¥9500
【駐車料金】普通乗用車 ¥315 大型車 ¥1050
【お食事料金】朝食 ¥630 夕食 ¥840〜
【HP】http://www.ne.jp/asahi/match/relax/index.html
【地図】
大きな地図で見る


人気ブログランキング皆さんのクリックが励みになっております。
←よろしければクリックお願いします。
(1日1クリック有効) 


お店一覧 あいうえお順】【大仏

kino

スポンサードリンク
| 福生・ホテル/旅館 | 22:18 | comments(8) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
奥多摩・御岳山 『藤本荘』その3 旅館 民宿 宿泊
チュンチュン♪ちゅんちゅん。チュッチュ♪





おはようございます、御岳山の朝です。
爽やかです。
マイナスイオン全開です。
小鳥がチュンチュンです。

気持ちいーです。








昨晩のビールです。

お腹プクプクです。
BGMはメガデス。
頭くらくらデス。










それでも、毎朝素振り100回。
早朝トレーニングは欠かせません。
体がHOTになってきたところで・・・


お待たせしました。
御岳山にある民宿、『藤本荘』。



今回は朝食のご紹介です。

*今回紹介するお料理は8月下旬時のお料理です。
レポートが遅くなってしまい申し訳ありません・・



夕食編はコチラ。
<・奥多摩・御岳山 『藤本荘』その2 旅館 民宿 宿泊








はい。
見てください。この美味しそうなお料理・・
栄養満点です。
ひとつひとつ紹介しますと・・










こちらは茄子の田楽です。
ちなみに、茄子には体を冷ます効果があるそうです。
素振りでHOT。火照った体を冷まします。
うーん。すっきり。










お漬物ですね。
このきゅうりも藤本荘さんの畑で取れたもの。
今年はきゅうりが採れすぎて大変だったそうです。
うらやましいですね〜!

ちなみにきゅうりには、がんや肌荒れの予防、
ストレスの予防といった効果があるそうです。

肌が荒れまくっている僕にはど真ん中です。











ずいきの煮付けでございます。
どう、表現すればいいんでしょうか。
この繊維な歯ごたえがたまりません(意味不明)

ちなみにさといもには消炎効果があるそうです。

最近、●痢気味の僕の腸もこれで安心。ほっ。







こちらはマスのあまろに。
ではなく、ますの甘露煮。

これは、びっくりしました。
骨まで食べられるやわらかさに、甘すぎず、
辛くもない絶妙なタレ・・。

カルシウムたっぷりなので、
骨がもろい僕もコツコツにです。



まさに日本の朝の食事。
心がこもった栄養たっぷりの絶品お料理。

なんだか懐かしい。
心が癒される。
そんな気分にさせてくれます。


今回は冬なのに夏のお料理紹介になってしまいました
(ごめんなさい!)
季節によって御岳山で取れた物を作って
いらっしゃるので御岳山の今を味わいたい方は、
ぜひ足を運んでみてください。





【お宿】奥多摩 御岳山 藤本荘
【住所】東京都青梅市御岳山64
【電話】0428-78-8464
【ホームページ】奥多摩 御岳山 藤本荘


またモリあがっちゃいました。感謝!

ブログランキング

loaded

スポンサードリンク
| 福生・ホテル/旅館 | 12:55 | comments(1) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.